オスグッド・シュラッター病


こんな症状でお困りではありませんか?

  • ひざのお皿の下がポコッと膨らんで、押すと痛い
  • しゃがんだり、正座をするのが難しくなっている
  •  ダッシュやジャンプ、キック動作で痛みが出る
  • 運動を休んでいると良くなるが、また再開すると痛くなる

 

 

 

オスグッド病はどうして起こるのでしょう?

オスグッド病(オスグッド・シュラッター病)は、成長期にある小中学生男子に多く見られる膝の疾患で、スポーツによるオーバーユースによって引き起こされます。

太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋に過度な収縮を繰り返すことにより、大腿四頭筋の牽引力を伝える膝蓋靭帯が脛骨(スネの骨)に付着する箇所(脛骨粗面と言います)で膨隆や熱感、運動時痛、圧痛などを認めるものです。

原因としては、身長が急激に伸びる時期に、膝周囲の骨の成長に筋、腱の伸張が追いつかず、相互にバランスの崩れが起きることが考えられています。

大腿骨と脛骨の長さの成長は、約70%が膝関節部で起こるため、大腿四頭筋の緊張が高まり、柔軟性が低下し、そのため脛骨粗面部へのストレスが増大するのです。

小学高学年から中学にかけての活発な男子に多く見られますが、女子にも発症します。
女子の場合は男子に比べ1〜2年発症が早いようです。
レントゲンで確認できる場合もありますが、より正確な診断にはMRIが必要となります。

オスグッド病の施術

オスグッド病の治療は保存療法が第一選択となります。
当院では、筋筋膜リリースを施行することで大腿四頭筋の緊張緩和を図り、その上でテープングを貼付し患部にかかる負荷を和らげる処置を施します。

また、炎症症状を鎮める処置として、アイシングや低周波などを行います。

オスグッド病では、大腿四頭筋の緊張が強くなっているため、大腿四頭筋の過緊張を改善するために、ストレッチも有効です。

剥離部が骨小骨として残存すると成人になってからでも疼痛が残り、手術的治療も必要となることがあるため、何より初期の対応が大切となります。
ひざのお皿の下に痛みを感じ始めたら、自己判断せずに、まずは専門家に診てもらいましょう。

 

 
 
 
 

また当院では、個人個人に合わせた足底板も作成しており、あなたに合ったインソールを使用することで根本的な改善を図っていきます。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

LINEバナー