胸郭出口症候群


こんな症状でお困りではありませんか?

  • ストレッチをしても肩がこる
  • パソコン仕事をしていると腕が重だるくなってくる
  • 吊り革につかまっていると腕がしびれる
  • 最近腕の力が入りにくく感じる

胸郭出口症候群はどうして起こるのでしょう?

首から出て腕や手に向かう神経、そしてその神経と並走する血管は、腕や手に向かう途中でいくつかの狭い間隙を通ることになります
この狭い間隙を通る時に、神経や血管が圧迫されることで、腕や手がしびれたり、痛みを引き起こす病態、これを胸郭出口症候群と言います。
この狭い通り道は、

  1. 前、中斜角筋のそれぞれの間
  2. 第一肋骨と鎖骨との間
  3. 小胸筋と肩甲骨との間

これら3ヶ所になります。
腕を挙げたりすることで、それぞれの間隙で神経、血管が圧迫されて起こる病態を、

  1. 斜角筋症候群
  2. 肋鎖症候群
  3. 過外転症候群

と呼称します。
なで肩の女性に多くみられますが、筋肉を鍛えた男性にみられることもあります。

胸郭出口症候群の症状

胸郭出口症候群で圧迫される神経は腕神経叢と呼ばれる腕や手に向かう神経です。
この神経が締めつけられたり、圧迫されることで、腕や手指に痛みやしびれが起こります。

また、握力が低下したり、細かい動作がしにくくなるなどの運動麻痺の症状が出ることもあります。
鎖骨下動・静脈が圧迫されると、血行が悪くなることで腕や手指に痛みが出たり、むくんだりもします。

胸郭出口症候群の施術

胸郭出口症候群では、痛みやしびれの原因となっている神経・血管の圧迫を緩めてあげる必要があります。

そのため当院では、神経の走行を邪魔している骨格の位置関係を整えることを目的とした関節モビライゼーションを行います。

また筋肉によって絞扼されている神経を解放することを目的として神経モビライゼーションを行い、神経の走行を円滑にします。

神経の走行を妨げている筋肉の強張りを緩めるために、トリガーポイント療法や筋筋膜リリースを行うこともあります。

いずれにしても、神経が圧迫されている箇所は一様ではありませんので、その点を見極めた上で、その病態に最も合った施術を提案、提供しています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

また当院では、個人個人に合わせた足底板も作成しており、あなたに合ったインソールを使用することで根本的な改善を図っていきます。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

 

 

 

 

LINEバナー