シンスプリント


 

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 走っているとスネの内側が痛む
  • 運動後にスネの内側が腫れる
  • スネの内側の中央から下にかけて押すと痛む
  • 運動を休むと痛みが和らいでくるが、再開するとまた痛くなってくる

シンスプリントの症状

脛骨(スネの骨)の内側に痛みが起こるシンスプリントは、中・長距離走のランナーやサッカー、バスケットボールなどの競技者によく見られます。
とくにシーズンの初めや新人選手が激しいトレーニングを始めた時に痛みを訴えることが多いようです。

これは、脛骨に付着する筋肉(ヒラメ筋、前脛骨筋、後脛骨筋、長母趾屈筋、長趾屈筋)を過度に使い過ぎることで、これらの筋肉が付着する脛骨表面の骨膜に炎症が起きるからなのです。
過労性骨膜炎とも呼ばれ、脛骨内側中央から下方にかけてズキズキと痛むのが特徴です。
運動を休むことで痛みが良くなったりしますが、運動を再開するとまた痛みが出てくることが多いようです。

ひどくなってくると運動をしていない時にも痛みが出るようになるので、根本的な原因を取り除くことが大切です。
また、痛みを抱えたまま運動を続けていると、疲労骨折を起こすこともあります。
脛骨疲労骨折は、シンスプリントと症状が似ているため注意が必要です。

シンスプリントの痛みが、スネの内側中央から下方にかけて一定の範囲にあるのに対して、疲労骨折の痛みはピンポイントです。
ただ、これだけの症状から自己判断することは危険です。
症状が長期にわたる場合は疲労骨折の危険性もあることを知って、自己判断せず、早めに専門家に診てもらうことをお勧めします。

 

シンスプリントはどうして起こるのでしょう?

シンスプリントが起こる要因として、前述したようなオーバートレーニング以外にも、足に負担のかかるランニングフォーム、扁平足、脚の筋力不足や筋肉の硬さなどが挙げられます。
また外的な要因としては、硬いグランドや路面でのトレーニング、踵がすり減っているシューズやクッションが薄いシューズの使用が考えられます。

このようにいくつか考えられる要因の中から該当するものを見つけ出し、改善策を実行していくことが大切です。

シンスプリントへの施術

シンスプリントによる痛みが出た時は、まずは運動量を減らすことが大切です。
また応急手当としては、痛む部位に対してのアイシングも有効です
当院では、痛みの原因となっているヒラメ筋や前脛骨筋、後脛骨筋、長母趾屈筋、長趾屈筋の緊張を取り除くため、それら筋肉のストレッチを指導するとともに、徒手による筋膜リリースを行います。
それでも改善の認められない場合は、トリガーポイント鍼療法も効果的です。
 
 
 
 

また当院では、個人個人に合わせた足底板も作成しており、あなたに合ったインソールを使用することで根本的な改善を図っていきます。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

LINEバナー