交通事故専門治療

  • 整形外科に通っているが湿布と痛み止めだけで
    手技などの施術はほぼしてくれなかった。
  • 事故直後はなんともなかったのに今になって
    痛みが出てきてどうしていいか分からない。
  • 保険で通院できると聞いたが
    どうやったらいいのか分からない...

整形外科や一般の治療院では見つけられない痛みの原因を、当院の細かいカウンセリングによって見極め、あなたの体の状態を最適な元の状態に戻す技術で最大限の施術をさせていただきます。

▼ あなたはご存じですか?

交通事故の後遺症治療...
接骨院や整骨院で治療してもらえるの?

もちろんです!
交通事故の治療は整形外科が一般的ですが、実は設備が整い専門で行う技術がある接骨院や整骨院の方が細かい治療を受けることができます。
さらに、病院と同じく治療費は一切かからないのです。

接骨院や整骨院での交通事故治療
...なんだか不安。ココで大丈夫かな...?

交通事故の後遺症治療に対し経験豊かな「こばやし接骨院」にお任せ下さい!

事故によって引き起こされた歪み・症状の原因は、一般的な病院や設備の少ない接骨院などでは発見することが難しく、完治させることが出来ない場合もあります。
当院ではきめ細かいカウンセリングによって原因を見極め、あなたの体を元の状態に戻すよう、責任を持って取り組んでいきます。

交通事故に遭って治療を受けた...
もうどこも痛くない。もう、安心ですよね?

いいえ、油断はできません!
交通事故により衝撃を受けた首や腰は、数ヶ月後・数年後に症状が発生することがあります。症状が悪化し、取り返しがつかないことになる場合も!

交通事故が原因で施術を受け、その場は治ったと診断されたとしても、事故後、数ヶ月から数年たって痛みが再発してしまうケースがあります。
こういった場合、後から慰謝料や治療費を請求するのがとても難しいと言われています。
ですから、最初からしっかりと施術をし、完治まで責任を持って取り組んでくれる治療院に見てもらう事がとても重要なのです。

こばやし接骨院では、交通事故によるむち打ち症・腰痛に対し、後遺症を長引かせないよう、一見良くなったように見えても綿密に検査を続けていき、その結果に見合った施術をしていきます。
また、ご自身でできる改善のための運動療法も充実しております。

患者様と当院との二人三脚で、後遺症の症状を完治まで導くお手伝いをさせていただきます。

完治まで当院で責任を持って対応致します。

患者様の症状に合わせたオリジナルなプログラムを作成し全身の施術を受けることができます。

治療費から交通費まで、患者様の負担はありません。

保険会社との面倒なやりとりは当院にお任せOK!

交通事故の補償入通院交通費について

【治療費について】
接骨院の受診のみで治療費が補償される事は可能ですが、事故との因果関係の証明や、画像診断の必要性も考え、病院での受診をされた後、当院への転院をしてじっくりと完治まで施術をしていくことをお薦めしています。

【入通院交通費について】
医療施設への入退院や通院などのために負担した交通費は、バスや電車等の公共交通機関を使用することを原則として補償されます。
歩行が困難である場合や公共交通機関を利用するために長時間の徒歩移動を強いられる場合にはタクシーでの通院も認められます。
自家用車で入退院や通院を行わざるを得なかった場合には、ガソリン代、駐車場代、高速道路料金が損害として認められます。

保険会社によって、細かく条件が定められている項目もありますので、通院前に保険会社へのご確認を行って下さい。
当院でのご相談も承りますので、お気軽にお電話下さい。

入通院慰謝料をご存じですか?
入通院慰謝料は、交通事故によって医療機関への入院や通院を強いられたことによって生じた精神的損害に対する慰謝料です。
入通院慰謝料額は、原則として入通院期間に従って作成された支払基準に基づいて算出されます。入通院慰謝料の算出基準は、自賠責保険・任意保険・地方裁判所ごとに異なる基準が採用されています。

一般的な慰謝料の算定方法として(自賠責保険)1日当り4,200円×実治療日数×2で算出します。

実治療日数×2が総治療期間を上回る場合には、総治療期間を限度とします。
少しでも気になる方は無料相談からまず現状をお知らせください。
相談内容からわかる範囲で持てる知識を元に、私どもの知識では足りない部分は、提携している「弁護士法人 心」様を通して、法律の専門家に相談した上で、最善のアドバイスをさせていただきます。

わからない事・不安なことなどあればご相談ください!お電話06-7173-1355

▼ もし交通事故に遭ってしまったら

【1】事故発生時

事故が発生した場合、まずは警察と加害者の保険会社への連絡をして下さい。

被害者様ご自身も自動車保険等に加入している場合には、ご自身の保険会社への連絡も必要です。

警察への連絡を怠りますと、事故そのものを証明できなくなってしまうケースがあります。

【2】診断書の発行

交通事故に遭われて怪我をしている場合、まずは総合病院や外科・整形外科などを受診し、診断書を発行してもらって下さい。

その際、診断書にご自身の怪我をした部分のことが正しく正確に記載されているかご確認下さい。

例えば、首と肩と手首を負傷しているにも係わらず、首についてのみしか診断書に記載されていなかった場合は、後々患者様の治療をする際に不利に働いたり、再度その病院に行っていただき診断書を発行し直してもらう必要が出る場合があります。

【3】所轄警察署への届出

事故発生場所の所轄警察署へ行き、人身事故扱いにしてもらってください。

これをしないと、その交通事故は物損のみの事故扱いになってしまう場合があります。

【4】保険会社への連絡

加害者の加入している保険会社へ連絡し、人身事故の担当者に当院に通院する旨をお伝え下さい。

【5】当院へ

当院へご連絡下さい。
当院から保険会社へ連絡し、治療開始となります。

※ご不明な点がありましたら、まずは何をしたらいいのか当院にご相談下さい。

自賠責保険について

自賠責自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、「交通事故の被害者が泣き寝入りすることなく、最低限の補償を受けられるように」と国が始めた保険制度です。
交通事故が発生した場合の被害者への最低限の補償の確保を目的としています。

これはよく「強制保険」とも呼ばれているように、すべてのクルマやバイクに加入が義務づけられています。

この自賠責保険は人身事故のみに適用され、物損事故には適応されません。
ですから、所轄警察署への届出の際には必ず「人身事故扱い」にしてもらう必要があります。

自賠責保険の慰謝料は傷害事故で1日あたり4200円となっております。

被害者の受けた傷の程度によって、慰謝料の対象となる日数を決めます。
限度額は120万円で、この限度内で支払われます。

わからない事・不安なことなどあればご相談ください!お電話06-7173-1355

▼ 交通事故で良くある質問

初めて来院する際に提出書類はなにか必要ですか?

 特に必要はありませんが、もし既に整形外科で診断書をだしてもらっている場合はそれをお持ち下さい。
事前に保険会社に当院で治療を受ける旨をお伝え頂ければ、後の手続きは当院で行います。

診断書などの証明書は発行してもらえますか?

 まずは病院を受診して、医師に診断書を発行してもらって下さい。

症状が軽い場合でも保険で施術が受けられますか?

 もちろん可能です。
交通事故が原因となった施術ということが認められれば、基本的には自己負担はなしで施術を受けることができます。

保険会社が自賠責ではなく、
「 健康保険証」でかかるよう指定してきたのですが?

 自賠責保険、健康保険の選択権は基本的に本人にあります。
保険会社に指定する権利はありません。

自賠責保険の面倒な手続きは自分でやらないといけないですか?

 施術に関する保険会社との手続きは、あなたに代わってこばやし接骨院が行います。

保険会社が薦める医療機関に行く必要はありますか?

 ありません。
施術機関は原則、治療を受ける本人に選択の自由があります。
自分で納得できる医療機関を選択してください。

加害者が自賠責保険に加入していないと言っていますが?

 国の補償事業制度がありますので、国が加害者に代わり補償することになります。

被害者が、当て逃げ・ひき逃げされた場合はどうなるのですか?

 国の補償事業制度があり、加害者に代わり国が被害者に補償をします。

施術費用はだれが払うのですか?

 基本的には、医療機関が保険会社に直接請求します。
患者様が一時的に立て替える必要はありません。

交通事故が原因の症状であれば、
どんな部位でも施術してもらえるんですか?

 はい、交通事故当初の診断内容に基づいて施術致します。
例えば、首や腰などを同時に負傷していた場合はもちろん、全て施術を受けることができます。

保険会社から、そろそろ通院を終わらせませんか?と言われます。

 回復への進行具合は自分が決めることであり、保険会社に強制的に終わらせる権利はありません。ですので、保険会社からそのような事を言われても終わらせる必要はありません。

自賠責保険で、病院と接骨院(整骨院)と
同じ時期に両方施術を受けることは可能ですか?

 問題ありません。
当院でも整形外科と平行して施術を受けられる方は多いです。
病院には病院の良いところがありますので、ご自身で必要だと判断されましたら平行して施術を受けてください。

現在他の接骨院に通っているのですが症状が改善されません。
こばやし接骨院への転院は可能でしょうか?

 可能です。
現在施術を受けている医療機関を途中変更することは問題ありません。
保険会社にその旨をお伝え下さい。

保険会社が接骨院や整骨院ではなく、「病院」と指定してきたのですが?

 施術をうける医療機関は本人で決めること事ができます。
保険会社の指定する機関に行く必要はまったくありません。

病院ではもう異常ないと言われましたが、まだ首に違和感があり、時折頭痛があります。どうすればいいでしょうか?

 整形外科におけるレントゲン検査などでは特定できない症状というものがあり、完治できないケースもあります。そういう場合こそ、手による施術で背骨の配列や関節の歪みを整える技術を持った接骨院に相談されるとよいでしょう。
当院でも病院では骨に異常はないと言われた症状が完治したケースはたくさんあります。

病院(整形外科)と接骨院(整骨院)はどう違うのですか?

 病院では検査・投薬(痛み止めなど)が認められており、各種機材を用いた検査で細部まで科学的に検分でき、レントゲンなども病院の管轄になります。
接骨院では、触診による診断や手技による処置での対応になります。

むち打ち症というのは、頭痛・肩こり・めまい・耳鳴り・眠気・吐き気・手足のしびれといった「不定愁訴」の症状を便宜上まとめた名前で、はっきりした病変をもつ病気ではないのです。
整形外科では根本的な治療ができないケースが多いのです。そういった場合は、接骨院や整骨院のほうが向いているとも言えます。

わからない事・不安なことなどあればご相談ください!お電話06-7173-1355

▼ 他院からの転院について

ご存じですか?

もし、今かかっている病院・整形外科・接骨院での施術に満足がいかない場合、転院が可能です。

完治までの施術を受ける治療院・医療機関は、基本的には患者様に選ぶ権利があります。

電気治療ばかりであまり効果を感じられない
レントゲンを撮ったらあとは湿布薬と痛み止めだけ...
手による治療はしてもらえない

上記のような状況で転院をお考えでしたら、まずはご相談下さい。

当院でも、交通事故に遭われた後、病院(整形外科)や接骨院から転院されてこられるという例が多く見受けられます。

当院に転院をご希望される際には、当院が保険会社さんと直接やり取りをすることが出来ますので、まずはお電話下さい。

事務的な手続きは、当院が保険会社と直接対応しますので、患者様にご面倒はおかけ致しません。

ご不明な点がございましたら、当院にご相談下さい。

【住所】東京都青梅市本町130-1ダイヤパレスステーションプラザ102-2
【アクセス】青梅駅 徒歩30秒

【受付時間】

メールお問い合わせ