良い接骨院・整骨院の選び方

接骨院とは?

首をかしげる女性のイラスト

良い接骨院・整骨院についてご説明していく前に、そもそも接骨院とはどんなところなのでしょう?

日々施術にあたっていると、よく聞かれる質問でもあります。

まず、接骨院は「柔道整復師」という国家資格者によって営まれる施術所のことを言います。
ちなみに「整骨院」または「骨つぎ」も同じです。

「マッサージ院」や「整体院」と混同されることもありますが、マッサージ院は「あん摩・マッサージ・指圧師」という国家資格者によって営まれており、整体院は厚生労働省の管轄にないため、国家資格は持たず、民間資格を有した施術者によって営まれています。

また接骨院では、健康保険が使えるということは知られていますが、それでは肩こりでも慢性的な痛みでも健康保険は使えるのでしょうか?

接骨院で健康保険を適用することができるのは、「骨折」「脱臼」「捻挫」「打撲(打ち身)」「挫傷(肉離れなど)」の応急処置と後療(リハビリ)に限られています。

ですから、先ほどの肩こりや慢性的な症状に対して健康保険を適用することはできず、自費で施術することが正しいあり方になります。

チェックポイント

前置きが長くなりました。
私の考える良い接骨院、大切な家族や友人に対しても安心して勧めることのできる接骨院についてお伝えします。

  1. ヒアリングを行う様子の写真話しを否定せずに傾聴してくれる。
  2. 痛みや不快な症状の原因を明確に説明してくれて、その改善のために必要な施術内容と施術計画を示してくれる。
  3. 保険の使える症状、使えない症状について明瞭に説明してくれる。
  4. 必要な時には専門の医療機関を紹介してくれる。

まず①ですが、
接骨院を訪れる方は、体について専門的な知識を持っているわけではありません。
それでも自分の体のことですから、症状の原因について自分なりの見解を持っているのは当然です。

そこでカウンセリングでは、自分の思っていること、感じていることを伝えるわけですが、それをいちいち否定されては、それ以上話しをする気にもなれません。
お互い立場こそ違えど同じ人間同士、当院では、相手を大切に思う気持ちをもって接していくことを共通の理念として持っています。

②については言うまでもないこと。
一回の施術で完全に痛みを取り除いたりすることができるのであれば不要なことかもしれませんが、それは現実的にはなかなか難しいことです。

超音波の検査をする様子

当院では、なぜ痛みが発現し、その改善のためにはどのような施術をどのくらいの期間にわたって必要なのかということを説明し、納得していただいた上で施術に入ります。

つらい症状の改善には一方的な取り組みだけでなく、施術者と患者さんとの協力が必要と考えるからです。

③この点については前述した通りです。
あなたが支払われている保険料から捻出される医療費を適正に使うことは当然のことと考えます。

カウンセリングの時に、あなたの症状が保険の使えるものか、使えないものかということを説明し、納得していただいた上で施術に入ります。

④について、つらい症状を抱えて接骨院を訪れる方は、接骨院に行けばなんとかしてもらえると思われていることでしょう。
ただここで、施術の技量以上にそれぞれの接骨院での鑑別能力が問われることになります。

たとえば腰痛と言っても、その原因は様々です。
痛みがそれほどでもないから軽症ということでもありません。

当院でも、ご本人はただの腰痛と思われていても、カウンセリグをして、実際の状態を見させていただくと、すぐにでも医療機関での検査を必要とするものに遭遇することがあります。

この時見誤りがあって漫然と施術を続けてしまうと、深刻な状況へ陥ることも否定できません。

当院では、専門的な検査や治療を必要とすると判断した方を信頼のおける医療機関へ紹介しています。
どうすることがその方にとって最善であるか、これが当院の判断基準となります。