四十肩・五十肩の改善について

つらい四十肩、五十肩にお悩みではありませんか

肩の痛みで睡眠が浅く疲れが取れずに悩む女性

  • 肩が挙がりにくく、可動域が狭まっていると感じる
  • 肩の痛みや熱感が数カ月以上続いている
  • 寝ていても痛むので、横向きで寝ることができない
  • 強い痛みでよく眠れず、ずっと疲れが取れていないと感じる
  • 病院に行っても痛み止めや湿布しか出されなかった

四十肩、五十肩は、肩の強い痛みや熱感、動かしにくさが特徴です。疾患名の通り、四十歳代から五十歳代にかけて症状が出やすいことでも知られています。

四十肩、五十肩は加齢や体質などによって起きる、やむを得ないものだと思われがちです。医療機関へ行っても根本的な対策が提示されず、痛み止めや湿布で様子を見るように指示されたというお声もよく耳にしました。

確かに時間の経過で痛みが治まるケースも多いですが、放置しているだけでは可動域制限が残り、腕や肩が自由に動かせなくなることもあるのです。こばやし接骨院では四十肩、五十肩の根本改善に取り組んでいます。

症状の段階に応じた施術を行っています

症状の段階に合わせた最適な施術で炎症を和らげ改善します

四十肩、五十肩は、病期が非常に長いことでも知られています。症状がおさまるまで12~18カ月、人によってはそれ以上かかることも珍しくありません。

そのため、症状がどの段階にあるのかを的確に判断して、適切な施術を行うことが求められます。

こばやし接骨院では筋筋膜リリースやトリガーポイント鍼施術など、さまざまな施術法を組み合わせて筋肉や靭帯の炎症を和らげるとともに、関節が固まらないようマッサージやセルフケアを取り入れています。

施術を受けた患者様からは「夜も眠れないほどの激痛に悩んでいたが、施術を重ねるにつれ痛みがおさまり、腕を自由に回せるようになった」「鍼灸院や整体院に行っても改善しなかった肩の痛みが改善され、気分が明るくなった」などの感想をいただきました。

四十肩、五十肩が起きる原因

肩関節を支える筋肉や靭帯が炎症を起こす事で発症します

四十肩、五十肩は医学的には『肩関節周囲炎』と呼ばれる状態です。肩関節を支える筋肉や腱、靭帯、関節包、滑液包などの組織が炎症を起こすことで痛みが生じます

四十肩、五十肩は、以下のような三つの病期を経過します。

  • 第一期……肩関節の痛みが徐々に強くなるが、肩関節の動きは保たれる
  • 第二期……肩関節の痛みと硬さが増し、日常生活や睡眠が妨げられる
  • 第三期……痛みは和らぐが、動きが回復するまでは硬さが残る

それ以外にも、肩関節を構成する骨をつなぐ関節包という組織が伸縮性を失うことで、肩の動きが大きく制限されることもあります。状態によっては頭痛や眼精疲労、腰痛などを併発することもあります

痛みが激しい時期に強いマッサージを行うのは望ましくありませんが、各段階に応じてプロの施術師によるボディケアを受けることは、発症前の可動域を取り戻すうえで非常に重要です。できるだけ早く施術を受けることが大切です。

四十肩、五十肩の根本改善なら青梅市のこばやし接骨院におまかせください

痛みの原因から改善して健康な身体を取り戻しましょう

こばやし接骨院は国家資格を有する施術スタッフが、施術前のカウンセリングからアフターケアまで一貫して行ってきました。患者様の症状や体質に合わせて、最適なプランをご提案いたします。

他の整骨院やカイロプラクティックのマッサージや骨盤矯正で効果を感じられなかった方、整形外科でブロック注射などの対症療法しか提案されなかったという方にこそ、当院の施術をおすすめいたします。

夜も眠れないほどの肩の痛みで来院された方からは「肩の痛みや重だるさが消えただけでなく、肩こりが起きにくくなった」「痛みが出る前よりも首や肩の可動域が広がり、疲れにくくなった」などのお声も寄せられました。

つらい四十肩、五十肩にお悩みの方はこばやし接骨院にご相談ください。施術経験豊富な施術師が、患者様のお悩みに真摯に寄り添います。

四十肩・五十肩が改善された患者様の声・口コミ

辛かった五十肩が3回の施術で改善しました

五十肩でお悩みの青梅市にお住まいのY.S様(55歳/会社員) chat

お悩みや来院理由

五十肩

施術後の感想

五十肩で凄く辛かったので訪ねました。 医院長先生に肩をマッサージしていただき3回目でだいぶ痛みも和らぎ楽になりました! 1回目はどうかな?って感じでした。 2回目、腕があがるように。 3回目でいい感じ! 辛い人は是非試してみて!!

※施術効果には個人差があります。