トリガーポイント療法

トリガーポイントの心の声トリガーポイントの説明タイトル
トリガーポイント鍼の施術写真
 

トリガーポイントとは?

ふくらはぎに痛みを感じているのに、痛みの感じる部分をマッサージしても一向に痛みが良くならない。
ところが、たまたまお尻の筋肉をマッサージしたところ、ふくらはぎの痛みが和らいできた。
このような経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
このように、痛みを感じている箇所から離れているところに、痛みを引き起こしている震源地がある。
その痛みや違和感の原因となる元を<トリガーポイント>といいます。
 
トリガーポイントとは、文字通り「痛みを引き起こす点」という意味になります。
筋肉が凝り固まり、少々ストレッチングをしても改善しないような状態になると、その部分に痛みを
院長がトリガーポイント鍼の施術をしている写真感じるのではなく、放散痛または関連痛と言って、離れた箇所に痛みを引き起こすようになります。
 
肩や腰が痛いときに、人に押してもらったりすると『あ~、そこそこ!』と感じることがありませんか!?
それがトリガーポイントを刺激した感覚なのです!
 
 
トリガーポイントを押されると?
実際に施術を受けられた方の声は・・・トリガーポイントマッサージをしている写真
 
「体の奥深くにズーンと響く」
「体がポカポカして眠くなる」
「ツボを押された感じ」
「それ!そこ!」
 
東洋医学においては「阿是穴(あぜけつ)」とも呼ばれる、この痛みの責任トリガーポイントに適切な刺激を加えることによって、普段感じている痛みが再現されることもあります。
 
その場合、そのトリガーポイントが辛い痛みを引き起こしていた可能性が高いと言えるのです。

慢性化に要注意!

 
トリガーポイントの説明のイラスト
痛みが全身に広がってしまい、自律神経が乱れて不眠や内臓にも悪い影響が出始めてしまいますので要注意です。
 
痛みを感じている箇所にのみ意識を奪われ、痛みが改善しないにも関わらず、漫然と施術を続けることがあってはなりません。
痛みの原因となっている箇所であるトリガーポイントを見つけ出し、そのトリガーポイイントを不活性化させていくことが必要です。
 
当院では、このトリガーポイントを使った鍼療法およびマッサージを提供しております。