交通事故による骨折・捻挫・リハビリ

交通事故による骨折・捻挫・リハビリのタイトルバナー

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 交通事故で捻挫をしてしまった
  • 病院で湿布と痛み止めのみ処方されて不安
  • 病院で「異常なし」と言われたが痛みが治らない
  • 固定していたギプスは外れたが、違和感が残っている
  • 骨折した場所の動きがスムーズに動かない

交通事故後の骨折・捻挫はどうすれば良い?

怪我や骨折の程度または種類によってですが、接骨院で治療を受けた方が早く改善することが期待できます。

また、骨折をしてしまった時にも、骨が正常についたら治療終了、その後は痛み止めや湿布で済まされてしまう場合もあるようです。

リハビリをしっかり行わないと、以前のような可動域(関節の動きの角度)に戻りにくく、また後遺症なども残ってしまいやすくなります。

日常生活だけではなく、以前のように過ごすためには、十分な治療とリハビリを行うことが不可欠となります。

湿布や痛み止めだけで、本当に大丈夫なのか?と心配な方は、当院までお気軽にご相談下さい。

交通事故後の骨折や捻挫へのアプローチ

当院では、交通事故による骨折・捻挫・打撲やムチウチの施術を行っております。

交通事故の後、医療機関を受診し、レントゲン上骨に異常がないと言われた患者さんは、あまり重要視されないこともあるようです。

そのまま「まぁ、骨に異常が無いなら大丈夫か」と放っておくと、捻挫を引き起こしやすい状態やなりやすい状態になってしまうため、骨に異常が無くても交通事故後の治療は必要になってきます。

日常生活に支障が出るということは、何かまだ身体にトラブルがあるということでもあります。

当院では、炎症が出ている段階や、痛みが強い場合では、ソフトな手技により痛みを取り、痛みが落ち着いてから後遺症を残さないために、更に深部の痛みの原因を取り除く施術を行っていきます。

最初のカウンセリングにおいては、現在の状態から今後のスケジュールも含めて丁寧にお話を伺わせていただきます。

また、当院は交通事故の扱いを得意とする「弁護士法人心」さんと提携もしておりますので、様々なケースに対応が可能です。

ギプス巻き患者様お一人お一人の、症状や状態に合わせた施術を行い、また今までのような生活に1日でも早く戻していけるように、当院が交通事故施術でも得意とする「ドイツ徒手医学」「マッケンジー法」「AKA療法」「鍼治療」「トリガーポイント療法」などを行っていきます。

交通事故後、早期に治療を行うことで早期改善への近道となりますので、お早めに当院までご相談下さい。