変形性腰椎症

骨盤の歪みタイトル

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 座った姿勢から立ち上がろうとすると、すぐに腰が伸びない
  • 朝の痛みが強く、動いていると少し楽になる
  • 常に腰が重だるい
  • 腰が曲がってきたようだ

変形性腰椎症はどうして起こるのでしょう?

背骨の腰の部分を「腰椎」と言います。

腰椎は5つの椎骨からなり、それぞれの間にクッションの役目を持つ椎間板を有し、後方では一対の椎間関節によって接合することで腰椎の動きを可能にしています。
激しい運動や重労働を重ねることによって、椎骨はその高さを減少させ骨棘(骨のトゲ)を形成していきます。
また加齢による椎間板の変性は、クッションの弾力性を失わせ、椎骨間の間隙も狭くなってきます。
このような構造の破綻により、腰の痛みや殿部や下肢へのしびれを生じさせるのが「変形性腰椎症」です。

 

変形性腰椎症の施術

変形性腰椎症の場合、腰椎間の間隙が狭くなっているため、その動きも滑らかさを失ったものとなっています。
錆びついてスムースに動かなくなった蝶番(ちょうつがい)のようなものです。
この錆びついて動きの悪くなった腰椎間の関節の動きを改善することを目的として、関節モビライゼーションを行います。
また同時に筋肉の緊張も伴うため、筋筋膜リリースにより硬くこわばった筋線維を解きほぐすことで痛みの緩和を図ります。
 繰り返す腰痛により筋筋膜に硬結(硬くしこり状に触れる)ができたものに対しては、トリガーポイント療法により、痛みを引き起こしている箇所を直接鍼や手技により刺激し、痛みの改善を図ります。