ストレートネック

ストレートネックのタイトル

ストレートネックの施術①

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 猫背になっている
  • 首や肩のコリがとれない
  • 長時間パソコンやスマホに向かっているとつらくなってくる
  • 腕から手にかけてしびれることがある
  • 頭痛薬が手放せない

ストレートネックはどうして起こるのでしょう?

考える女性首の骨(頚椎)は正常な状態では、横から見た時に軽く前方に弯曲しています。
頭の重さは、成人で体重の1/12〜1/10ほどもあるため、その頭部の重量を支えるためのサスペンションの役割として、前弯した頚椎は作用しているのです。
ところが、パソコンに向かっている時やスマホに視線を落としている時、頭は肩よりも前方に位置し、そのため頚椎の弯曲は消失し、真っ直ぐな状態となっています。
このような不良姿勢が続くことで、頚椎の前弯を失った状態が常態化したものがストレートネックです。
ストレートネックでは、常に頭の位置が肩よりも前に位置するため、本来の頭の重さ以上の重量を首は支えることになります。
このため、首から肩にかけての筋肉がコリやすくなるのです。
首の筋肉は、頭部表面の帽状腱膜とつながっているため、首や肩の筋肉のコリはやがて頭痛へと移行していくことがあります。
「筋緊張性頭痛」と呼ばれる症状がそれに当たります。

ストレートネックの施術

ストレートネックの施術②

頚椎は、7つの椎骨が連なったものですが、ストレートネックでは、それら一つ一つの関節の動きが滑動性を失い、まるで錆びついたような状態になっています。
このため当院の施術では、ドイツ徒手医学の関節モビライゼーションによって、硬くなってしまったこれら頚椎椎間関節の動きの改善を図ります。
関節モビライゼーションは、軽微な力で頚椎間の関節の正常な動きを促すため、まったく痛みを伴うことがありません。
さらにマッケンジー法による運動療法をお伝えすることで、動きの良くなった状態をご自分でも維持できるようにお手伝いしていきます。
また、頭痛やしびれなどの症状が現れているような場合には、トリガーポイント鍼療法や筋筋膜リリースを施すことで、硬くこわばった筋・筋膜を緩め、痛みやしびれの改善を図っていきます。