腰部脊柱管狭窄症


 

こんな症状でお困りではありませんか?

  • お尻から脚にかけて痛みやしびれがある
  • 立ちっぱなしでいると痛みやしびれが強くなる
  • 10分ほど歩くと痛みが強くなり、しばらく休んでいると落ち着く
  • 脚の力が弱くなってきたようだ

腰部脊柱管狭窄症はどうして起こるのでしょう?

腰部脊柱管狭窄症は、脊髄が通る脊柱管の内腔が狭くなる疾患です
脊柱管が狭くなる原因としては、脊椎の変形をはじめ、黄色靭帯や後縦靭帯の変性肥大、椎間板の突出があります。
脊柱管が狭くなることで内部を通っている脊髄が圧迫され、腰の痛みや脚の痛み・しびれなどの症状を引き起こすのです。

 

 

 

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症では、歩行開始時においては特に症状を現すことはありませんが、しばらく歩いていると腰から下肢にかけてしびれや痛みが現れます。
ここで前屈みになってしばらく休んでいると痛みやしびれは消失します。
このような状態を間欠性跛行と言います。

このことからも分かるように、腰部脊柱管狭窄症を患っている方は、自転車に乗ったり手押し車を押している時はやや前屈みの姿勢となるため症状は出にくいのが特徴です。

間欠性跛行は、腰部脊柱管狭窄症にだけ見られる症状ではありません。
間欠性跛行を呈する代表的な疾患としては、腰部脊柱管狭窄症の他に閉塞性動脈硬化症(ASO)と閉塞性血栓性血管炎(バージャー病)が挙げられます。
このため、症状として間欠性跛行があっても、どの疾患であるかの鑑別が必要となります。

また、腰部脊柱管狭窄症は、神経根型、馬尾型、混合型に分類されます。
とくに馬尾型においては、サドル麻痺や膀胱直腸障害といった症状を呈することがあり注意が必要です。
サドル麻痺とは、自転車に乗るときにちょうどサドルに当たる部分に感覚麻痺が起こることです。
膀胱直腸障害とは、自身の意思に反して大・小便を漏らしてしまうことで、このような症状が現れた場合は手術適応となります。

 

腰部脊柱管狭窄症への施術

医療機関における腰部脊柱管狭窄症の治療としては、手術以外では、腰椎牽引や電気治療のような物理療法や後屈制限を目的としたflexion braceの装着、プロスタグランジンを主とした血管拡張剤の処方などがあります。

医療機関を受診し、上記のような処置を施したにも関わらず症状に改善の見られない方に対して、当院では、腰椎のアライメントを整えることを目的として関節モビライゼーションという背骨の調整を行っています。

またトリガーポイント鍼療法を施療することで、患部の血流改善も図ります。
いずれにしても、こじらせるとなかなか治りにくいのが脊柱管狭窄症です。
なるべく早期に施術を開始して、症状の改善に努めていきましょう